変身写真を撮るまでの出来事

【中国旅行記】 ~変身写真を撮るまでの出来事~

今回は、2005年9月にアモイ(客家族が住む永定周辺)に行って以来の中国。
私の中では、中国といえば「変身写真」なんですわー
中国へ行ったのに変身写真を撮らずして帰ってくるなんてもったいない!
中国は今回で5度目。
(一度パックツアーで行ったので、自由時間がなく撮れなかったんです)
そして今回は、4度目の変身写真を撮るぞーーー!

貴陽に到着して、すぐスタジオを探して、その日に撮影をと考えていたけど、
親切な家族の家に泊めさせてもらうことになり、1日目は家族が貴陽市内の観光名所を案内してくれ、
1日目が終わってしまった・・・。

アジア最大の滝「黄果樹大瀑布」に行きたいと言っていた私のために、
家族はその日の夕方、お母さんの知り合いの旅行会社に電話をし、翌日貴陽から出ている観光ツアーに申し込んでくれていたんです。

私は「ツアーは明日じゃなくあさってにして~」と慌てて、電話で申し込んでくれているお母さんに叫んでました。
息子のカークンプンが「なぜ?明日はどこに行くの!?」
「明日は貴陽市内をブラブラしたいねん~」
「今日、行ってきたじゃない。」
「でも明日は貴陽市内をウロウロしたいねん~」

「明日は変身写真を撮りに行くから」とは言えませんでした・・・。
だって、言ったら家族にダメって言われるの分かってたから・・・

貴陽に到着した1日目は、たまたま日曜日ということもあって、家族全員が家にいる日だったんです。
それでカークンプンとお父さんが貴陽市内を案内してくれたんです。

その時、変身写真スタジオらしきお店を発見!
「私、写真撮りたいねん~ ちょっと入っていい?」
「ここは結婚するカップルが行く所で、君は1人だからダメだよ」
「でも、撮りたいねん~」
「ダメだよ。それに、ここはすごい高いんだよ」
「でも、ドレスを着て写真を撮りたいねん~」
私が何度言ってもカークンプンとお父さんが私をなだめる。
私はまるで家族の子供で、17歳のカークンプンの妹のよう。

そんな事があったから、「明日は写真スタジオを探して、変身写真を撮ってくる」とは、言えませんでした・・・

私を家族のように心配してくれたお父さん、お母さん、カークンプン。
2008-1-20-1.jpg

2008-1-20-2.jpg


なんとか理由をつけて滝のツアーは3日目に変更してもらい、貴陽2日目は朝からスタジオ探しすることに。

ウソはついてないけど、ダメと言われているのに、ごめんなさい・・・

まだ夜も明けていない朝の7時にカークンプンは学校へ行くため家を出る。
私もカークンプンと一緒に家を出て、バス停まで付いて行って彼をお見送り。

辺りはまだ真っ暗・・・
貴陽の朝は気温2度。
とにかく寒い・・・
しかし、お店などまだ全く空いてない・・・

私はネットカフェで辺りが明るくなるまでブログを更新
朝、8時半ごろやっとぼんやり明るくなってきた。

さぁ、写真スタジオを探すぞぉーー!!!


続く・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
日記タイトル一覧
  • 変身写真を撮るまでの出来事
  • 2008年01月20日 (日)
  • 20時57分11秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる