凱里 民族博物館

【中国旅行記】 ~凱里 民族博物館~

貴州省には観光客があまり行かないのか、一般のガイドブックなんて全然載ってないし、
歩き方にも貴州省のことはあまり載ってないんですよねー
凱里の見所もたった1ページ。
少数民族を見るには、どこに行けばいいのかとか詳しく書かれてない。

「鮮やかな民族衣装を着た人々と会いたい!」

出発前に、ネットで探してても今イチ詳しく分からなかったんですよねぇ~
えぇーい!もうこうなったら直接現地に行っちゃえ!

がっ、凱里まで着たけど、さて、どこに行けば民族衣装を着た人たちと会えるのやら・・・?

歩き方に唯一紹介されてたのが「民族博物館」
たった4行しか紹介されてないけど、「ここでは、凱里周辺に住む少数民族のことが詳しく分かる」
なんて、書かれている。
少数民族の村々に行く前に、ここでいろんな情報をGETしよう!

ガイドブックによれば、ここは普段お客がほとんど来ないから普段は閉まっていて、予約が必要だとか。
どんな民族博物館やねん!?
テクテク1時間ほど歩き民族博物館に着いたのは、夕方の5時過ぎ。
予約しようとしても人がどこにもいてない。
とりあえず階段を上がると、女性を発見。
「今日はもう終わり、5時までよ。明日5時まで着て」
みたいなことを言っている。
え!?予約は必要じゃないの!?
どうやら、今は毎日開いているようです。

正面の立派な建物が「民族博物館」です。
img566.jpg

入場料10元(158円)
2008-2-4-1.jpg

建物はマジで立派。
img569.jpg

しかし、中身はショボショボ・・・
展示は2~3階だけど30分もあれば全部見終わるような内容でガッカリ・・・
img570.jpg

はっきり言って、わざわざ見に行く必要ないと思います。
でも、中央には大きなステージがあったから、もしかしたら夏などのシーズンなどは、
毎日少数民族のダンスをやっているのかも?

一番良かったのは、お土産屋。
ここはすごい充実しています。
いろんな民族衣装が壁一面に吊るされてあって、博物館より見ごたえアリ!
img568.jpg

それに、ここに飾られている商品は全部売り物です。
全部手作りで、プリーツたっぷりのスカートなんて、日本でもはけます!
価格は3千円ほど。
むっちゃ悩んだけど、こんなかわいいスカートをはく年齢でもないしなぁ~・・・
と、冷静に考え、購入を諦めました。
あぁ・・・、やっぱ買っておけばよかったかなぁ・・・・

少数民族に関する本もいつくかあり、魅力的な内容ばかり。
むっちゃ悩んで私はこのガイドブックを購入しました♪(45元 711円)
2008-2-4-2.jpg

全部カラー写真で各村の美しい民族衣装がいっぱい。
帰国してからも、しょっちゅうこの写真集を眺めてニヤけています。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 凱里 民族博物館
  • 2008年02月04日 (月)
  • 14時14分47秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる