凱里→革一

【中国旅行記】 ~凱里→革一~

CITS(鯰東南中国国際旅行社)の日本語を話す熊さんに
「少数民族が住む村に行きたい」と相談すると、
「じゃ、施洞という村がいいですよ。
ここは、お祭りの時に身につける銀細工を作っている村なんです。
ここで1泊するといいでしょう。」
「でも、村に宿なんてあるんですか?」
「僕の知り合いの銀細工職人の家が旅館もしているから、彼の家に行けば泊まれます。
凱里から施洞行きのバスが出てるけど、最近新しい道ができたから、
革一村行きのバスに乗って、また乗り換えて施洞へ行くといいでしょう」
そう言って、名刺をくれた。
img621.jpg


じゃ、ちょっと行ってみよう!

一泊分の荷物だけ小さなカバンに詰めて、大きな荷物(リュック)は宿に置いてもらうことに。
どの国の安宿でも、「また戻ってくるから荷物を預かって欲しい」と頼むと、
無料で預かってくれます。

朝、早くに出ると寒すぎるから、9時に宿を出てバスターミナルに向かった。
革一行きのバスは9:50発。 凱里→施洞 10元(158円)
img587.jpg

外観はきれいでしょ?
でも、中はけっこう汚いです・・・
なぜ汚いのかというと、客の荷物が日本のようにカバンではないんです。
人々の荷物というのは、竹篭に入れた野菜や鶏、数メートルもあるパイプなど、
いろんな物を持ち込むから、車内は汚れるんです。
それに、日本のように道がきれいに舗装されていないから、靴に砂がついて床は砂だらけになるんです。
それと、中国人は食べかすを床に捨てる習慣があるから、床の隅にはゴミがけっこうあるんですわー。
ま、これも文化ということで。

バスは、エンジンの調子が悪いようでなかなか出発しない。
オイルを補充し、やっと10時35分に出発。

同じバスに乗ってきた少数民族のおばちゃん。
服やカバン、おばちゃんの持ち物全てが自分の手作りなんだとか。
img588.jpg img589.jpg

おばちゃん、髪の毛どうなってるの!?
img590.jpg


12時、革一に到着。
ここで乗り換えの為、降ろされる。
しかし、こんな所で降ろされても・・・
img592.jpg

img593.jpg

村の十字路の道端に鶏、豚肉、野菜を売っているだけ。
むっちゃ小さい村。
ここで野菜を売っていたおばあちゃんは民族衣装を着ていた。
何族なんやろう?
img591.jpg

さっきの民族衣装を着たおばちゃんも施洞に行くというから、一緒に施洞行きのバスを待つことに。

続く・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 凱里→革一
  • 2008年02月07日 (木)
  • 09時39分21秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる