FC2ブログ

出会ってから再会まで

HPやブログの【中国旅行記】がなかなか進んでいません・・・
先日会った人から聞かれました。
「ブログの中国旅行記、今でこないだの中国の旅のどれくらいいってるんですか?」
「まだ3分の1かな~?」
「まだ半分もいってないんですか!? 今でももう十分いろんなハプニングありますよ」
1、2月で書き上げるつもりでしたが、まだまだですわぁ~


今、載せている【中国旅行記】より話がずいぶん飛びますが、
旅の後半に行ったトン族の村(程陽)で、今回の旅で初めて日本人と会ったんです。
昨日、その人に会いに行ってきました。

まずは、その方との出会いを・・・・


貴州省から隣の広西チワン自治区に入り、風雨橋のあるトン族の村、程陽に到着した。
宿を確保し、私は早く風雨橋の写真を撮りたくて、慌てて宿を出た。
おっと、その前に宿の写真を収めておこう。
カメラを構えていると、宿の横の道から観光客の男性が歩いてきた。
img735-1.jpg

その人は、私が写真を撮っている事に気づくと、わざわざ止まってくれた。
そんな丁寧な人はきっと日本人やろう。
いつもなら、日本人かな?って思うと自分から声をかけるけど、
暗くなる前に風雨橋の写真を撮りたくて、私は会釈だけして急いで去っていった。

私が会釈すると、相手も軽く会釈してくれた。
その時、日本人と確信した。

私が走り去っていく後方から民俗音楽が聞こえていたけど、
この風雨橋を見たくてこの村に来た私は、1人でじっくり写真を撮りながら眺めていた。
img661.jpg

それにしても、さっきから民俗音楽がずっと聞こえる。
・・・、もしかして、村で何かやってる!?
私はまた急いで村に戻り、耳を傾けながら音楽が聞こえる方へ必死に走った。
階段を駆け上がると、村の鼓楼の前で若者たちが民族衣装を着て、ダンスを披露していた。
うわー、さっきから音楽聞こえると思ってたのは、このダンスやったんやーーーー
もっと早く来るんやったぁーーー

すると、さっきすれ違った日本人男性の姿も。
挨拶は後でもいいわ! 先にこのダンスを見なくてはっ!
img730.jpg

img732.jpg

すると、後ろから「日本人ですか?」と声をかけられた。
相手も、私が会釈したから日本人だと確信したみたい。
それなのに、私の返事はというと、「はい、そうですよ」それだけ。
ダンスに夢中だったんで、記憶があまり鮮明じゃないけど、
たぶんこんなそっけない返事をしたように思います・・・
私、失礼ですよね・・・ 
なんせ、途中からダンスを見たんで、見落とした分も見ておかなくっちゃ!って必死やったんですわ。

すると、ダンスを踊ってる人が、10人ほどの観客の1人の手を引っ張って、バンブーダンスを一緒に踊った。
見ているだけでも難しく、その観客は竹に足を挟まれ、うまくできずに戻ってきた。
すると、日本人男性が「挑戦してみたら?」と言ってくれた一言が私の心に火がつき、
「じゃーちょっと挑戦してきます!」
荷物をその男性に預け、カメラを託しバンブーダンスに挑戦!
img731.jpg

なんと、これが見事にパーフェクト!!
少ない観客から声援で迎えられ、男性からも「すごいねー」と言っもらい大満足♪

バンブーダンスの次は、観客も一緒に輪になってみんなでダンス。
その間、男性は私の姿を写真に収めてくれてました。

ダンスが終わると、その人は村人たちと親しいようで、会話してるんですわ。
「言葉話せるんですか?」
「以前この村のさらに上にある村で、2年ほど住んでいたことがあるんだ」
青年海外協力隊とかで、来てたんかなぁ~?
「何してたんですか?」
「トン族に興味があってね」
「なぜ、トン族なんですか?」
「トン族を研究してる人がいなかったから。
関西の方ですよね?話し方でわかります。 僕も京都に住んでるんです」
わぉ!同じ関西人やん♪
でも、関西人のノリじゃないし、関西弁じゃないから出身は違うのかなぁ~?
その人は、温和そうですごい丁寧な方。

私がミャオ族や少数民族に興味があると言うと、
「今度、3月から民族博物館中国の少数民族の特別展示があるよ。
4月にはトン族やハニ族の映画も上映があって、たしか無料だったんじゃないかなー?
4/13の映画はトン族の『山の郵便配達』をやるよ。僕はそこでトン族の解説を頼まれてるんだ」
無料!?マジ!? 
「行く!行くぅ~~」
ん?? 民族博物館で解説頼まれてるって!???
いったい何者や??

最初、その人は村人と共通語の北京語で話してると思ってたら、トン族の言葉で会話してた。
ちょっとだけトン語を教えてもらったり、トン族のことを少し教わっていると、
どうもこの人は、趣味や興味でトン族が好きとかじゃなく、詳しい域を超えている。
「普段、何してはるんですか?」
「大学でトン族のことを教えてるんです」
そら、詳しいわぁ~

その人は、トン族の専門家でもある兼重さん。
トン族の専門家と出会えるなんて、めったにないからいろいろと教えてもらいたい。
でも、私はトン族の風雨橋に興味はあったけど、トン族にはそれほど興味がなかったんで、
何を質問していいのか、なかなかいい質問が思い浮かばない。

帰国してまた疑問や質問が出てきたら教えてもらおうと、とりあえずアドレスを教えてもらって別れた。
そういえば、私、自分の名前名乗ってなかったわぁ~



それが、昨日会いに行ってきた人との出会いでした。


近頃、少数民族のことで疑問に思うことがあり、兼重さんに連絡をとってみようかなー?
って思ってたんですわ。
いやいや、しょーもない質問のために連絡するのも、なんか気が引けるなぁ~
4/13に映画会に行けば会えるし、その時でもいいかなぁ~?って思ったり。

本の関係で、こないだから客家人についてちょっと調べてるんですわ。
ネットや本で調べても、私が知りたいことは載ってない。
えぇーーい!もうこうなったら民族博物館に問い合わせてみよう!

昨日の朝、民族学博物館に「客家人について詳しく教えてくれる人いないでしょうか?」と電話してみた。
「客家人ですか・・・、詳しい者はいないですねぇ・・・ 図書室に客家に関する本ならあると思いますが・・・」
民族学博物館は展示だけじゃなく、図書館もあるそうです。
何度も行ってたのに知らんかったぁ~

民族学博物館のサイトを見ていると、「西南中国少数民族の文化資源の“いま”」というタイトルで、
国際シンポジウムを見つけた。
img733.jpg

ミャオ族の銀装飾についても語るみたい。
おもしろそう~♪
ん?? あれれ??
コメンテーターのところに、トン族の村で知り合った兼重さんの名前がっ!!!
うわーーー!!
これは会いに行かなくては!!
しかも今日やん~!!

また民族学博物館に電話をし、
「今日のシンポジウム、今から参加させてもらっていいですか?」
「もう始まってるので・・・」
「そこを何とかお願いします!」
「じゃ、ちょっと待ってください」
どこかに問い合わせてくれ、少しして
「今、受付の者に聞きましたが、やっぱりダメみたいです」
「そこをなんとかお願いします! 午後からでも入らせてもらえないでしょうか?」
「担当者にダメと言われたので、私に言われても困ります」
そんなぁ~・・・

ええーーーい! ダメもとで行ってみよう!!
急いで準備をし、電話を切って10分後には家を出て、自転車で飛ばし猛ダッシュ!
兼重さんの出番の時間が迫ってる!!
急いでチャリンコを漕がないと間に合わないっっ!
ひたすら坂道を立ち漕ぎし、家から20分で万博に到着。
(私の家から万博の距離を知ってる人は、この時間のすごさがわかってもらえるでしょう)

汗だくになりながら、会場に行くと
「お名前は?」
「あのー、予約してないんですが、是非聞きたくて来ました」
「もしかして、さっき電話くださった方ですか!?」
「はい」
受付の人は3~4人いたんですが、全員私のことを知ってて、みんなビックリしてました。
そらそうやろう、さっき電話切ったばかりやもん。
ちゅうーか、断ってるのに、コイツ来よったぁーーーーー
ってな、もんかな??

汗だくの私を不憫に思ったのか、受付の人たちは、「どうしたもんやろう・・・?」って言うてるその時、
「あっ!教授、この方が飛び込みで参加したいって言うてるんですが・・・」
ちょっとダンディで品のある教授は、汗だくの私をジロリと見て、ちょっと間が空き「いいんじゃない」
教授の一言で私は会場に入ることができました。
受付の人も「たまたま教授が歩いてて、ラッキーでしたね」と祝福してくれました。
たまたま歩いてた教授は、このシンポジウムの偉いさんのようでした。
いやぁ~ ほんまラッキーでしたわ。

そして兼重さんと久しぶりの再会。
続く・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 出会ってから再会まで
  • 2008年03月14日 (金)
  • 10時53分20秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる