FC2ブログ

ミャオ族の専門家

前回の続き。
前回読んでない人は、こちらをクリックして見てね。

自転車を必死に漕ぎ、
民族学博物館の国際シンポジウム「西南中国少数民族の文化資源の“いま”」になんとか入ることができました。

え・・・っと、兼重さんはどこや?
パネラーたちを見るが、どの人が兼重さんかわからへん~
どんな人やったっけなー?

少しして、兼重さんのコメントの時間が来た。
司会の女性が、
「それでは、兼重先生おねがします」
席を立った人が、メガネをかけ髪型が七三の男性。
えぇーーーー!??
こんな容姿やったっけ??
日本に帰ってきてえらい雰囲気かわったやん~
と思ったら、その隣の男性やった。
あぁ~、びっくりした。

その後、お昼の休憩時間になり、挨拶に行こうとしたら、私の前に座っていた若い女性が、
手土産を持って兼重さんに駆け寄った。
うわっ、兼重さん人気者やん~

女性との会話が終わり、挨拶に行くと覚えていてくれてて、トン族の村であった出来事の疑問を質問した。
さっきのメガネをかけ髪型が七三の男性もトン族に詳しくて、私の疑問に答えてくれた。
(でも結局ははっきりした答えはわからないようです)

どうやらその方は、貴州省のミャオ族の専門家、法政大学の曽士才教授だった。
「今日は東京からこられたんですか?」
「そうだよ。数日前まで貴州省に行ってて帰ってきたばかりだよ。君は貴州省のどこに行ってたの?」
私が行った村々の名前を挙げると、
「施洞は、ミャオ族の銀細工の村だよ」
「そうななんですってね。私知らなかったんですが、
凱里でお世話になった旅行会社の方に勧められて行ったら、ちょうどその日は市が立つ日で、
すごいにぎわってたんです。」
「あの辺りは、十二支で市が立つんだよ。ラッキーだったね。」
「凱里の旅行会社の方のおかげです」
「どこの旅行会社?」
CITS(鯰東南中国国際旅行社)熊さんって人です」
「あー、熊さん!?こないだ熊さんと会ってきたところだよ」
「え!?熊さんと知り合いなんですか?!」
「知り合いもなにも、彼とは親しい仲だよ」
ひえぇ~~、こんなことろでつながってるとは!

曽さんは、客家人のことも詳しく、いろいろ教えてくれました。

そういえば、私まだ名乗ってなかった!!
慌てて曽さんや兼重さんに名刺を渡し挨拶すると、2人とも私の名刺の写真にくぎ付けになった!
「この写真って君?これどうしたの!?」
「いつも中国行くと撮って来るんです。今回、貴陽でも撮りましたよ」
2人とも爆笑。
けったいなやっちゃなー って思われたかもね。
「これはインパクトある名刺だなー」
「むっちゃ印象に残るでしょ」
「うん、うん。それにしても写真とえらい違うなぁ~」
「へへっ。そのギャップも狙いなんですよ~」

もっとゆっくりいろんなお話をしたかったんですが、私は夕方夕方人と会う予定があって、
帰らないといけなかったんです。
もっとお話を聞きたかったぁ・・・



今回、私は兼重さんに会いに行くだけじゃなく、図書室で調べ物もあったんです。
昼の休憩時間、私は食べもせず、民博の図書室で客家土楼に関する資料を探しに行ったんですが、
ここがすごい図書室なんですわ!
図書室には、各国ごとに本が分けられてあり、立体的で扱っている本も専門書がほとんどで、
一般の図書館とは全然違います。
ここでは、貸し出し禁止だけでなく、図書室に入る際には、荷物を預けて持って入っていいのはペンとメモ紙だけ。
閲覧者も少なく、今までにない特殊な空間でした。

日本に1~2冊くらいしかない本(資料)が無事見つかり、見ることができました。


セミナーの内容もよく、兼重さんだけでなく、熊さんの知り合いで貴州省に詳しい曽教授ともお会いできて、
自転車を飛ばし行って良かったです。


コメントの投稿

非公開コメント

★ きよおかさま
はじめまして。
私のサイトを見つけてくださってありがとうございます。
私は、いろんな国のいろんな博物館に行ってますが、民博が一番すばらしいと思います。
だって私が求めているもの全てが民博に詰まってるんです。

私の友達は旅好きが多く、民博に連れて行くとみんな大喜びしてくれますよ!

民博は『学ぶ』要素がたっぷり詰まっていますね。
その「学」を忘れないよう修正しておきますね!
教えてくださってありがとうございます。

民博でボランティアをされているんですね!
ぜひ今度案内してください!!
お願いします。

このページの他にも写真入りで民博の良さを宣伝
しているページもたくさんあるので、また見てくださいね!
http://kaoridon.blog68.fc2.com/blog-entry-500.html

http://kaoridon.blog68.fc2.com/blog-category-25.html

民博のボランティアの清岡です。
偶然このサイトに来ました。
いろんなところへ行って、いろんな体験した
はるんですね。素晴らしい!!
中国で撮った?プロフィールの写真、これまた最高です。
私のいとこが広東人と結婚したのですが、ウェディング写真(ツーショット)の美女美男なこと!
・・・最高の表情をひきだして、逃さず撮る技のすばらしいこと。私も写真を撮りに(撮ってもらいに)に
行こうかしら・・・
民博の紹介、図書館の紹介、ありがとうございます。
企画展『インドの刺繍のきらめき』にも是非お越しください。2009年3月までしています。
最後におねがい。国立民族学博物館を略す時には、「みんぱく」か「民博」又は「民族学博物館」(「学」を忘れないでね)としてくださいませませ。
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
日記タイトル一覧
  • ミャオ族の専門家
  • 2008年03月15日 (土)
  • 02時00分54秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる