0泊3日東京� 【私の憧れの人】

【私の憧れの人】

レソトのレセプションも終わり、服を着替え次の目的地へ!
(ちなみに、ホテルオークラって、広くてきれいな着替える部屋もちゃんとあるんですよー すごいですねー)

次の目的地は、出版社。
前回の本を出したときの2何前、2度ほど打ち合わせのために行ったことがあったんですが、
その後2回も引越しして、担当者も2人も入れ替わってたんですよねー
(大丈夫なんやろうか・・・?)
今の担当者になってから、ずいぶん長いお付き合い(と言っても1年半ほどですけどね)なんですが、
その間、東京に行く機会も無く、いつもメールか電話でのやりとりだけで、
まだお会いしたことがなかったんですわ。

せっかくなので、少しでも顔を出しておきたいと思って、地図を片手に出版社に行ってきました。
四ツ谷の駅近くで、表通りを1本入っただけで、とっても静かな場所に出版社はありあました。


出版社の次は高田馬場へ!
高田馬場駅のすぐ近くに、オーストラリアから18年間もの長い付き合いがあるケンちゃんの
勤めている会社があるんですわ。

レソトのレセプションに出席することが決まったとき、
「10/6にまた東京に行くわ」というと、「じゃ、うちの会社に来ればいいよ」と言ってくれていたので、
仕事が終わる頃、ちーちゃんと一緒に行ってきました。

ケンちゃんとは、9月に旅行博へ行った日の最終日の夜、夜行バスの出発時間までいっしょにいてくれて、
そのときいっぱい喋ったから、今回はこれといって用事はなかったけど、
「じゃ、おいでよ」と言う言葉に甘えて、高田馬場に行くことに。

ケンちゃんの勤める会社が入ったビルのエレベーターに乗り、ケンちゃんの会社が入ったフロアで降りると、
男性が立っていて、私たちとすれ違いでエレベーターに乗った。

私たちが、ケンちゃんの会社に入ろうとすると、すれ違ったさっきの男性が
「もしかして、ケンちゃんの友達ですかー?」と声をかけてきた。
「はい!そうですよー」
「わーーー!待ってたんですよー」と、乗っていたエレベーターから出てきて、私たちを会社に案内してくれた。
ケンちゃんが「やっときたねー」と迎えてくれると、
「あ、この人ここの会社の社長だよ。今日かおりちゃんを社長と会わせようと思ってたんだー 
ちょうどよかったよ」

ケンちゃんの会社の社長は、テレビの制作及びコーティネーションの会社を経営していて、
NHKを主に請け負っているという。
オフィスには、今まで社長が手がけた番組のビデオがズラリと並んでいた。

その中に、私が好きな貴州省のミャオ族のビデオやパンダの特別番組もある。
「えーーー!これも社長がかかわった番組なのぉーーー!?」
「そうだよー だからかおりちゃんを社長に紹介しようと思ったんだー。
社長にかおりちゃんのこと話したら、是非会いたいって言ってくれたから」

社長といってもまだ40代前半で若く、加藤九祚さんととっても親しいという。
あまり公表してませんでしたが、私は加藤九祚さんが大好き♪

加藤九祚さんは、民族学博物館の名誉教授にもなっているすごい人!
加藤九祚さんは、もう80歳後半か、もしかしたら90歳になってるんちゃうかなー?
今でもウズベキスタンでコツコツと遺跡発掘調査をしているすごい人なんですわ!
そんな私の憧れの人と親しいなんて、ぜひ加藤先生の話を聞きたい!!

すぐにケンちゃんの会社のメンバーと、たまたま広島から来ていた社長の友人と6名で近所のタイ料理へ。

「今度東京に来るとき、前もって教えてくれたら、加藤先生に連絡するから一緒に飲みに行こうよ!」

もうぶっ飛びの話に頭がクラクラする。

加藤先生の話をきけるだけでも嬉しいのに、一緒に飲みに行っていいのぉーーーー!!
もう信じられへん~
話がすごすぎるぅーーーー!!
さすが東京やぁ~
話す内容のスケールが違いすぎる!!

みなさんには、私の興奮状態は理解しにくいでしょうねー

例えば、あなたにとっては雲の上のさらに上の憧れの人。
例えば・・・、憧れの芸能人と一緒に飲みに行けるって言われているもんなんですわ!
なんとなく、私が興奮する意味がわかってくれたかな?
超憧れの芸能人のような存在が、私にとっては加藤九祚さんなんですわー
(あっ、ウソ! むっちゃ会いたい人がまだ1人いた!!)


もしかして・・・・
みなさん、加藤九祚さんを知らない???
「ふしぎ発見」で3回も出てるんですよー
私は、加藤九祚さんが出た3回ともしっかりビデオで撮って、たまに見ては笑ってます。
加藤先生って、むっちゃいい味出してるんですよねー

今の時期は、きっと発掘しにウズベキスタンに行ってるから、今度の東京では会うことは無理でしょうが、
加藤先生と同席できるのなら、私はすっ飛んで東京に行きます!!

先生がご健在のうちに是非会いたいです・・・






コメントの投稿

非公開コメント

イスラム編を昨日読み終わったばかりの、このサイトの新人です。
中国編も出版されるのですね!絶対!読みます。
「みんぱく」がお気に入りとか、民博のボランティアとしてお礼申し上げます。また来てください。
加藤先生とは、加藤 九祚(かとう きゅうぞう、1922年5月18日 - )先生のことでしょうか?お会いしたことはありませんが。。。。
「きゅうぞう」という読み方は正しいかどうかわかりません。ウェキペディアの読み方です。
でも、国立民族学博物館の漢字は正しく変換してね。お願いしま~す。
これからも、私には体験できない旅、素敵でユニークな旅の話を、ドンドン書いてください。

人ってどこでどう繋がっているのかわからないものですね~。
前々回の記事も今回の記事も、とっても素敵な出会いですね!

前の記事のかおりさんの写真、すごくおきれいです☆
プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 0泊3日東京� 【私の憧れの人】
  • 2008年10月14日 (火)
  • 16時54分59秒
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる