川辺の温泉

【ベトナム旅行記】 =トレッキングツアー 24= ~川辺の温泉~

バンボー村には出れもが入れる温泉があるという。

「温泉に入ってくれば?」
と、スーに勧められたが、海外で温泉といっても水着を着て入らないといけないことが多く、
日本のように素っ裸で入ることはできない。
「私、水着持ってきてないから入れない」
「水着なんていらないよ」
「裸になって入っていいの?」
「いいよ」
やったーーー!!

でも昨日、温泉の場所が分からなかったので入れなかった。
それに昨日の夜、シャワーを浴びようとしたらお湯が出ず水だったので、シャワーを浴びなかった。
ツアーは今日で終りなので、サパの宿に戻ってシャワーを浴びればいいかと思っていたけど、
温泉があるなら入ってみたい。
そんなこともあり、赤ザオ族の村の帰り、スーに温泉場所に立寄った。

温泉は、川辺で建物内の浴室もあり、立寄ったときは外の湯船にも使用している人がいなかった。
img269.jpg
ここなら素っ裸でも大丈夫そう♪

しかし、宿と温泉の間には川が流れていて、竹の桟橋を渡らないといけない。
トレッキング 3日目 川1
竹はしなるし、幅も狭く手すりもない。
竹の隙間からは、激しく流れる川が丸見えで、これがけっこう怖い・・・
トレッキング 3日目 川2

宿に戻りお風呂の準備をして、また恐怖の桟橋を渡って温泉へ!
少しぬるいが、源泉が出てくるホースに体を近づけると程よい温かさ。
やっぱ広い湯船に浸かるのって気持ちがいい。

ベトナムの山奥の川辺で温泉に入れるなんて、ちょっと幸せな気分になれた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 川辺の温泉
  • 2009年01月16日 (金)
  • 15時41分41秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる