ホーチミンのミイラ 1

【ベトナム旅行記】 =ハノイ= ~ホーチミン・ミイラ 1~

まだ真っ暗な朝の6:00、目覚まし時計が鳴り響いた。
前日のハロン湾の夜は、隣の船の音痴なカラオケ大会で睡眠不足だったこともあり、
起きるのが辛い・・・
A氏も起きる気配がない。

今日は、朝からホーチミンのミイラを見に行く。
6:15、ガバッと私が先に起きテキパキと支度をし、15分後の6:30には予定どおり部屋を出た。

部屋を出たはいいが、ホテル内が真っ暗。
手探り状態で1階に下りたところで、日本人男性2人が立ち往生していた。
「おはようございます、どうしたんですか?」
「あ・・・おはようございます・・・ なんか鍵がっかってて・・・」
1階のレストランを通って宿の出入り口があるけど、そのレストランが閉まっていて鍵がかかっていた。
ガチャガチャとドアノブを動かしバックパックを背負っている男性に声をかけた。
「こんな早くからどこに行くんですか?」
「僕は今からラオスに行くバスに乗るんです」
「で、もう1人のあなたは?」
「僕は別になにもないけど、ちょうどトイレで目が覚めたから」
「お見送りですか?」
「まぁ~ そんな感じかな? こんな早くからどこ行くんですか?」
「ホーチミン廟に行くねん。 8時までに行かなあかんらしいやん」
「えー?大丈夫じゃないですか?そんなに早くいに行く人、聞いたことないっすよ」
「うそォーっ!マジで!?」
「いや、わからないっすけど」
「まーとりあえず行ってくるわ」

そんな話をしていると、レストランの鍵が開き中から男性スタッフが寝ぼけながら出てきた。
若いホテル従業員は、深夜に来る客のためにレストランのテーブルの上で毛布に包まって眠っていた。

ホテルを出るとまだ薄暗く、朝のハノイはものすごく寒い。

ダウンジャケットを着てくればよかった・・・と後悔するほど寒い。
太陽が出たら温かくなるかな?

宿を出てまだ人気も全くなく静まり返った薄暗い町を歩いていると、歩道で座り込んでる日本人がいた。
「あれ?日本人ちゃう?  おはようございます」
相手は不思議そうに私たちを見ながら「おはようざいます」とボソボソ声で返事をくれた。

「こんな時間に座り込んでどうしたんやろうなー?薄着で寒そうやったよなー
あんなところで何してるんやろう?」
「さぁー?」
A氏は、他人にも興味なし。

A氏は方向音痴なのに、なぜか自信満々に先頭を切ってスタスタと歩いて、しょっちゅう道を間違える。
この日も、朝から道を間違えていた。
道を間違えながらも無事ホーチミン廟に着いたものの、A氏の予想よりはるかに早く到着してしまった・・・
到着したのは7時。
ハノイ ホーチミン廟1
辺りはやっと明るくなりだしたとこ・・・
早すぎや・・・
受付開始は8時やのに、1時間も早く着いてしまった~

上の写真を撮って廟に近づこうとすると、衛兵が「ここから出ろ!」というようなことをハンドマイクで
私たちに叫んでいる。
どうも立ち入り禁止だったみたいで、受付は霊廟の敷地より少し離れているみたい。

霊廟前の広場を横切り、指示された建物に行ってみると、受付の従業員が出勤したばかりで
入り口の鍵を開けていて、見学者など誰1人並んでない。
やっぱり7時は早すぎた・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • ホーチミンのミイラ 1
  • 2009年01月30日 (金)
  • 22時19分32秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる