雷の夜

【貴州省横断紀 57】 =雷の夜=

石秀英の家で晩御飯を御馳走になりながら、明日の姉妹祭の話で盛り上がる。

私は今回、貴州省に戻ってきたのも姉妹祭を見るため。
前回、美しい銀細工に身を包んだ少数民族が見たくて来たけど、
お祭りの時にしか美しく着飾った民族衣装を着ないということがわかった。

それで、お祭りの時期を調べ、姉妹祭の日にこの村に到着できるように逆算し日本を出発した。
しかし、お祭りの日を調べるのは、簡単なことではなく、日本で全くといっていいほど情報が無い。
中国では、旧暦でお祭りの日が決まるから、毎年流動的。
旧暦なんていわれても、今の暦でいつなのかさっぱりわからない。
ネットで調べ開催日が書かれていても、それは旧暦なのか、今の暦なのか調べないといけない。
それに、ネットでもほとんど紹介されていない。
私は、貴州省出身のチンカンに聞いたり、凱里の旅行会社の熊さんに問い合わせたりして、
なんとか姉妹祭の日がわかった。

姉妹祭は3日間行われる。
今年は4/10-12までの3日間。
私は1日目は移動日で見ることができなかったが、11日、12日の2日間見ようと思っていた。
それに、熊さんは11日が一番いいと言っていた。
熊さんは姉妹祭が行われる村の出身者。
毎年姉妹祭の日には、海外からのお客さんが来て一番忙しい時期。
しかし2009年は、世界不況で観光客が例年の半数以下に激減。
熊さんの旅行会社も大打撃。
でも、そのおかげで数年ぶりに自分のふるさとのお祭りに家族で参加することができるという。
「僕も11日に家族と姉妹祭に行きますよ。村でまたお会いしましょう!」
そう言って凱里で別れた。

1年4ヶ月前、この村に来た時は、観光客など誰一人おらず、村で歩いている外国人は私だけだった。
でも、今回は宿には、ヨーロッパ人やら中国人の観光客でにぎやか。
お祭りだから、村人も浮き足立っているようにも感じる。


夜、9時にはシャワーを終え、部屋で日記を書いていた。
すると雷が鳴り始め、雨も降ってきた。
10時を過ぎると、雷はさらに激しくなり、電気がついたり消えたり。
停電になりそう・・・
大雨やけど、明日のお祭り大丈夫かなー?

私は日記を書くのを諦め、明日に備えるために眠りに着いた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日記タイトル一覧
  • 雷の夜
  • 2009年05月22日 (金)
  • 09時45分03秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる