加藤ヒロユキ

11/25(水)、私の住む市で、テノール歌手の加藤ヒロユキさんのコンサートがあり行って来た。

加藤さんとは、9月に招待されたトルコ大使館の晩餐会で知り合った。

加藤さんは背が高く、肩幅もあり、黒いジャケットに赤いシャツ。
晩餐会の会場内ではけっこう目立っていた。

知り合いを通じて加藤さんを紹介してもらい挨拶をさせてもらった。
加藤さんはテノール歌手だけあって、声がいい!
優しい声で、物腰も柔らかい。

加藤さんも大阪から来たということで、会話も弾む。
「旅行作家されてるんですか?」
「はい。 最近は世界のトイレに興味があってねー」
トイレ話のさわりだけをちょっと語ってしまった。
初対面でトイレの話をするもんやから、加藤さんもビックリしたのでは?

「僕、毎日放送のラジオで毎週土曜日に「週末のソムリエ」っていう番組をやってるんですよ」
「私をゲストで出してくださいよ~」
「ほんとうですねー 世界のトイレの話でもしてもらおうかなー」
「マジっすか!? いくらでもしますよー」
な~んて言いながら、ちょっと自己PR。

加藤さんがパーソナリティーを勤める「週末のソムリエ」を聴きたいけど、私の家は電波の入りが悪く
AMラジオが全く聞けない。

加藤さんとは名刺交換をさせてもらったものの、私も忙しくしてたらタイミングを逃してしまい
その後連絡をしていなかった。

そんなある日、我が市の広報にカラーで「加藤ヒロユキ コンサート」とあり、目が留まった。
この日は、何が何でも会いに行こう!!

そして11/25コンサートの日がやってきた。
1時半開場、コンサートは2時~4時まで。

私は昼頃に行き、会場の関係者らしき人に
「加藤ヒロユキさんの知り合いなんですが、楽屋はどちらですか?」
と尋ねる。

”加藤さんの知り合い”と言いながら、私のこと覚えてくれてるやろうか・・・?
あれから全く連絡もしてないし、ちょっと心配。
連絡しようか・・・と何度か思ったけど、ラジオも聞いてないし(聞けない)、
そんなんで連絡するのもなんやなーって思っていた。
でも、今回は絶好のチャンス!!
晩餐会以来直接会えるなんて!!
自分の講演前日だったけど、意を決して楽屋に挨拶に行くことにした。

しかし、私のことなど覚えてないこともありえると思い、念のため、トルコ大使館での晩餐会の写真を持って行った。
トルコ大使館 晩餐会

トルコ大使館 晩餐会 トルコ大使館 晩餐会

ドキドキしながら楽屋に案内してもらうと、加藤さんがいた!!!

「トルコ大使館でお会いした、おくだかおりです」
「あーーーー!!トイレの!!」

写真を見せなくても、加藤さんは覚えていてくれていた!!
しかも、”トイレの”やって~

ホールは2階も満席で、コンサート中、加藤さんの甘い声が会場に響き渡り、観客もうっとり。

加藤さんが「僕のラジオを聞いてくれてるという方?」と質問すると、
コンサートに来ていた半分近くが、加藤さんのラジオを聴いているリスナーだった。
(みんなの家は、電波が入るんや・・・ いいなぁ~)

私の隣に座っていた年配の女性は1人で来ていた。
途中休憩の時に「ステキなコンサートねー」と話しかけてきた。
「今日は、どんなコンサートなのか知らずに来たけど、来てよかったわー」
「え!?加藤さんを知らずに来たんですか?」
「この方有名なの?ラジオもしてるみたいねー」

「そうですねー 私の家ではラジオの電波が入らないので、聞けないんですよー」
「あなたは今日はどういうのでコンサートに来たの?」
「私、加藤さんのちょっとした知り合いで、今日は会いに来たんです」
「え!? どういう知り合いなの!? 」
「知り合いっていうても、今日で2度目でさっき楽屋に挨拶行ったんくらいですよ。
9月にトルコ大使館の晩餐会で知り合いを通じて紹介してもらったんです。 
今日コンサートがあるって知ったから、さっき楽屋にご挨拶に伺ったんです」
「えっ!? トルコ大使館の晩餐会!? あなたは政府関係者!?」
「いえいえ、ちがいますよ。私はただの旅行作家です」
「そんな方が隣に座っていたなんて!!」
その方も旅行好きで、しょっちゅう海外旅行に行っているという。
それから、私にも興味を持ってくれ、旅の話で盛り上がった。
コンサート終了後、
「今日はいい出会いをありがとう!!必ず本を読ませてもらいます」と、目を輝かせてくれていた。

上品な奥様と別れ、私はまた加藤さんの楽屋へお礼に行った。

加藤さんの事務所の社長もいて、ご挨拶をさせてもらった。
旅行作家と書いている名刺を見て、どういう活動しているのか興味を示してくれた。
すると、社長さんは「あなたに会わせたい人がいるわ!あなたの活動にこれから役に立つと思うわ」
と、社長さんの頭の中で、私と誰かが繋がったみたい。

私に紹介したいという方は、歯科医でモンゴルで移動歯医者として活動しているすごい人だという。
「あなたならきっとあの人と話があうわ!モンゴルの本を書いてあげてちょうだい。
あ! そうだ!モンゴル領事館の総領事に今度紹介するわ!」

私はモンゴルにまだ行ってない。
そんな私に相手はがっかりしないだろうか・・・?

そんな不安もあるが、移動歯科医の話に、私もある知人が浮かんだ。
2007年2月にカンボジアを旅したときに知り合った、歯科大学生だったしょうちゃん。
彼はこないだ無事卒業試験を終え、来年の春から歯科医となる。

しょうちゃんも海外に興味があり、歯医者にいけない地域の人や
歯の治療を受けたことが無い貧しい人たちに、治療を施してあげたいと思っていることを話していた。

私はモンゴルの本をすぐに書くことはできないけど、
しょうちゃんなら今後、彼の道が開き夢が叶うだろうと、すぐに彼が浮かんだ。

そして、すぐにしょうちゃんに連絡して事情を説明した。
「僕も今、そういうことを企んでいたところだったんです!なんと奇遇な!!」
彼も歯科医の卵から、本当の歯科医になったときには、そのような活動をしようと
今から計画し動こうと思っていたみたい。
なんというタイミング!!

すぐ社長とも連絡をとり、今度しょうちゃんを交え会うことになった。


勇気を出して、怖気ず、
「加藤さんの知り合いです」と、ずうずうしく楽屋に挨拶に行ってほんとうによかった。


今度、加藤さんのラジオにも出してほしいなーーーー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日記タイトル一覧
  • 加藤ヒロユキ
  • 2009年11月28日 (土)
  • 12時45分19秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる