FC2ブログ
【中国旅行記】 ~このおっちゃん誰や!?~

久しぶりに中国旅行記を・・・

凱里から、施洞(赤ミャオ族の村)へ到着。
私が行った日は、たまたま週に一度の市場の日で、小さな村はにぎわっていました。

宿の身内がやっている露店に案内されて、
「夕方になったら、宿に連れて行ってあげるからそれまでウロウロしとき」
ってな感じの事を、お店のおばちゃんに言われて、荷物を預け市場をウロウロしてました。
市場では、衝撃的なものを見て、小さな村のメイン道路をウロウロしてたんです。

この村はなぁ~んにもないけど、人々を見ているだけで面白い!

持っていてペットボトルのお茶が無くなったから、お茶を買おう。
しかし、この村にはお店らしき店舗はあるけど、食品や雑貨店がほとんどない。
やっと見つけたけど、品揃えが少なく、ペットボトルは2、3本しか置いてない。
それも何年置いてるねん!?っていうような砂埃がへばりついてし・・・
うぅ~ん・・・ 
こまったなぁ~
どうしようかなぁ~??

購入しようか悩んでいた時、肩をトントンとたたかれた。
振り向くと、50才代ぐらいの鼻からむっちゃ大量の鼻毛を出したおっちゃんが立っていた。

「うわぁ~ おっちゃんすごい鼻毛やなぁ~」

言葉が通じないから思わず口に出してしまう。
おっちゃんは、何やらモゾモゾ話しかけてくるけど、何を言うてるのかさっぱりわからん。
私が手に持っている砂埃だらけのペットボトルのことを言うてるんかな??
「この事?」
と、ペットボトルを出すと、そうじゃないと首を振る。
私に何か言いたそうやけど、モゾモゾするだけで、何が言いたいのかさっぱりわからん。
中国の田舎の人々はおとなしく、自分から声をかけてくるような人はほとんどいてない。
特に男性はシャイ。
だから、大量の鼻毛の持ち主のおっちゃんが声をかけてくることにちょっと驚いた。
でも、いったい何を言うてるのかさっぱりわからず、
「ごめん。おっちゃん、何言うてるんかさっぱりわからんわー」
と言って、砂埃まみれのペットボトルを購入。

おっちゃんを置いてスタスタとあても無く歩いていると、おっちゃんは私の後をついてくる。
おっちゃんどうしたんやろう?よっぽど私に何か言いたいんやろうか?
振り向くとおっちゃんは、今晩の宿がどうのこうのって言うてるように思えた。
はは~ん。おっちゃん宿の客引きか!?
「おっちゃんごめんなー。もう宿決まってるねん」
そう断ってまた歩いていると、また私の背中をトントンたたく。
振り向くと、おっちゃんは携帯電話でどこかに電話していて、その携帯を私に渡した。
電話の相手は誰や?
全く見当がつかない。
「もしもし・・・?」
ニーハオって言おうか、日本語でモシモシと言おうか一瞬悩んだけど、私に電話を渡すぐらいやねんから、
きっと相手は日本語を話せるやろうと思い日本語でモシモシと出た。
すると、相手も「モシモシ?」と言う返事。
一体誰や!?
「あー、熊です。どうですか?施洞には着きましたか?」
「えーーー!?熊さん!?そしたらこのおっちゃんは、もしかして宿の人?」
「そうですよー、無事会えたのですね」
やっとわかったぁ~
この鼻毛のおっちゃんは今日泊まる宿のオーナーでした。

荷物を預けた親戚のおばちゃんと思ってた人は、このおっちゃんの奥さんで、
奥さんから携帯で連絡が入って、私を探しに来てくれたみたい。

小さい村といえども、市がいっぱい立ってて、人も多いのによくぞ私を見つけてくれたわ。
まぁ~、小さい村に民族衣装を着てない外国人は私だけなんで、村人に聞いたら
「あー、あっちの方に歩いていったよ」とか教えてくれたんでしょうね。

おっちゃんと奥さんの屋台へ荷物を取りに行き、一緒に宿に行くことができました。

続く・・・
【中国旅行記】 ~生と死~

心臓の弱い人は見ないで下さい。
後で気持ち悪くなっても責任は取りません。



施洞の市場で衝撃的なものを見た・・・

鶏屋さん。
鶏肉屋ではなく、その場でしめて羽をむしり・・・・
img710.jpg

でもそれは日常の出来事。
普段、私たちが目にしない場所で行われていること。
しかし、中国の山奥の村では、隠れた場所にあるわけでもなく、
みんなの目の前で行われていた。

いつかそのような現場に遭遇するだろうとは思っていたけど、私は避けていた。
今までだったら雰囲気を察知し逃げていた。
でも、今回の旅では、逃げずにしっかり見てこようって心に決めていた。

さっきまできれいな毛をフサフサさせていたニワトリやアヒルたちが、
血に染まった姿は目を覆いたくなる・・・
でも、見なくては・・・
必死に自分に言い聞かせ、血なまぐさい臭いに包まれながら、私はいくつもの命の終わりを見届けた。


ショックを受け、川辺の市場を見ていると、足元に何か落ちていた。
ん? なんや??
よく見ると、子猫だった。
人通りが激しいところに子猫が迷い込んでしまったのか、みんなに踏まれて命を落としていた。
img706.jpg

子猫は顔が変形しているが、血もでておらず、体もまだふくらみがあるから顔面を踏まれたんだろう・・・

村人は、子猫の死体など目もくれない。

ここでは、動物の死はごく普通の出来事なのだろう。




※ 写真を詳しく見たい人は、写真をクリックしてください。
  でも、気持ち悪くなっても知りませんよ。
【中国旅行記】 ~村の修理屋さん~

施洞の村で、古い手動の機械で破れた靴を縫ってる革の修理屋さんがありました。
img608.jpg

最初、何してるんやろう~?って覗いててみると、
靴の外側が10cm以上、ナイフでスパッと切ったように破れていて、
おっちゃんがこの機械(ミシン)で切れている部分をギザギザに縫ってました。

もし、これが日本だったら、10cm以上も破れたらほとんどの人が捨てるでしょうね。
それに、縫って修理してくれるお店もないし、もしお店が見つかって持って行っても、
「これは無理ですねー 修理するより、新しいの買ったほうがいですよ」
って言われるでしょうね。

他の村でも、同じようなお店があって、女性が持っていた合成皮革のカバンの破れた部分を
修理してもらってました。

中国の田舎ではまだ貧しいからか、物を大切に使ってました。
私たちも見習わなくちゃね!

修理中の靴の持ち主は、隣で作業を見つめていました。
img607.jpg


私が作業を見ていると、お店のおっちゃんは、私の靴を見て
「おまえも靴修理するか?」と言われました。
「残念ながら私の靴は破れてないねん~」
修理代はいくらなんでしょうね。
きっと1元か2元くらいかもね。

しかし、どういうことをしたら靴が10cm以上もスパッと破れるんやろう?

【中国旅行記】~施洞の屋台&歯医者~

施洞の村は、食べる所はありません。
日用品の小さな雑貨屋はあるけど、商品は砂埃で白くなっていて、何年置いてるねん!?
っていうようなものばかり。

私が行った日はたまたま市場だったので、うどんのような麺を食べさせてくれる屋台が出てました。
img705.jpg

それと、この屋台。
img617.jpg

水溶き小麦粉を丸の枠に入れて、黒糖のようなものを中に入れ油で揚げるお菓子(?)
1つ5角(7円)
残念ながら、「おいしい!」っていう物ではなかった・・・
もう一つ食べたいとも思わなかった・・・ 


施洞の路地を歩いていると歯医者を見つけました。
img616.jpg

単なる虫歯でも歯を抜かれそう・・・

【中国旅行記】 ~中国田舎の移動手段~

中国の田舎では個人所有の車はほとんど走ってません。
走っていてもトラクターのようなトラック。
2008-2-17-1.jpg

では、どうやってみんな移動しているのかというと、歩きが基本ですがバスが走っている道では、
来たバスに乗ります。
でも、山奥に行くとバスは頻繁に来ません。
そういう時は、トラックを持っている人に乗せてもらっていました。
私もトラックの荷台に乗って移動したけど、無料ではなくみんな運賃を払ってました。
img614.jpg

img612.jpg

トラックの荷台はこんなん。
足の踏み場がありません。
みんなは乗りなれているのか、普通に乗ってましたが、道はガタガタで左右上下に激しく揺れて、
必死にふんばってトラックにしがみついてないと荷台から飛ばされちゃいます。
ジェットコースターよりスリリング。
道によっては標高が高いむっちゃ細いガタガタの山道で、転落したら深い谷にまっ逆さま。
私は必死に踏ん張りしがみついてました。
img721.jpg

5人乗りバイクも普通です。
img613.jpg

プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
日記タイトル一覧
  • 中国 貴州省・チワン族自治区 
2008年03月06日 (木)
このおっちゃん誰や!?
2008年02月22日 (金)
生と死
2008年02月21日 (木)
村の修理屋さん
2008年02月19日 (火)
施洞の屋台&歯医者
2008年02月17日 (日)
中国田舎の移動手段
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる