上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/11 Day 8-1《理県》


朝、遮光カーテンを開けると、めっちゃ晴天!

めっちゃ気持ちよく眠れて、体調も良くなってる。

jjちゃんも今日は体調良いみたい。

宿替えして良かった。


朝食は宿でラーメン。

DSCF2128.jpg

私たちにとっては朝食だが、起きるのが遅かったため、もう昼の12時だった・・・

麺と少しのネギだけのラーメンだが、これがめちゃくちゃおいしかった。

絶品のラーメンだった。

ラーメン 15元(228円)


12時、宿を出る。

今日行くところは『畢棚溝』という、景勝地らしい。

畢棚溝へは、調査ではなく、休息&観光。

「せっかく四川省に来たのだから景色のいいところにも行きたい」とjjちゃんの提案で決まった。


ホテルから畢棚溝へは、歩いて20分の所にゲートがあった。



畢棚溝は標高が高いため、寒さ対策をしないといけない。

畢棚溝は標高3700m

富士山より高い!!


私たちは、汶川周辺でショールを買ったが、ゲートまえに防寒着やタイツを売ってる店が並んでいた。

DSCF2132.jpg


DSCF2133.jpg

ショール、タイツは販売。

防寒着のジャケットは、レンタルもある。


念のため、分厚いタイツを購入し、防寒着をレンタルした。

50元(760円)


綺麗な空気を吸って、私たちの体調はどんどん良くなっていってる。

「ここに来てよかったねー」と言い合っていた。


入場料は80元(1216円)

入場料を払い、バスに乗る。

ここからはマイカー乗り入れ禁止。


バス 65元(988円)

DSCF2134.jpg


車窓の景色は最高!

どこも絵になる美しさ。

一か所だけ停車してくれ、撮影タイムがあった。


DSCF2135.jpg


バスはここで降ろされる。

DSCF2146.jpg

寒いという情報だったが、この日は晴天で温かかった。

さらに山に登るため、寒さ対策の為分厚いタイツをはいて準備OK!


時間や体力がある人は、トレッキングするらしいが、私たちはカートで上を目指す。

(ほとんどの人も、カートに乗っていた)

DSCF2148.jpg

カートのチケットは、ここで買う。

20元(304円)


ゴルフカートに乗り、風を受けながらきれいな景色を眺めてどんどん上がっていく。

あっという間に標高3000以上。


私たちはさらに上に行く為、またカートのチケットを購入し上へ!

2回目のカート20元(304円)


景色は最高!

DSCF2152.jpg  DSCF2158.jpg



2回目のカートに乗っていると、景色は最高だが、嫌な臭いが漂っている…

自然界には無い、科学物質的な嫌な臭い・・・

見えている景色と、漂っている空気が真逆・・・


いったいどこから漂ってきているのか全然わからない・・・


屋外なのに、広範囲にわたって異臭がする。


2本目のカートを降り、ここから歩く。

DSCF2154.jpg 

化学物質の強烈な匂いが、ここでもする。
景色は素晴らしいく、本当なら空気もきれいなはずなのに…
だんだん頭が痛くなってきた・・・

標高がもう富士山より高い場所に来ているから、高山病で頭が痛いのか??

いいや、謎の化学物質的な異臭で頭が痛い。

JJちゃんも、頭が痛く気分が悪くなってきた。

DSCF2157.jpg

異臭が酷く私達は体調が悪くなり、これ以上登るのを諦め下山することにした。

帰りはカートに乗らず、徒歩で下山する。
(またカートに乗れば一区間20元必要)

道沿いに緑色に塗られたガードレールが続く。
DSCF2159.jpg
異臭はここからだ!

歩いていると、もっとひどい異臭がしだした。
DSCF2160.jpg
男性たちがちょうどペンキを塗っている最中だった。
ここは、強烈な臭いで、鼻だけでなく目も痛くなった。
この男性たちは、平気なのだろうか??
私とJJちゃんはショールで鼻と口を押え急いでここを通過したが、このガードレールが続く限り悪臭はずっと続いていた…

ずいぶん下山しても、まだ異臭がある。
ペンキ塗りがいないのに、強烈な異臭が襲ってきた!
ペンキの空き缶がその辺に放置されていた・・・
二人とも息ができない・・・
私は頭の痛みが酷くなってきた。
jjちゃんに「カオリ、顔が真っ青だよ。唇も紫だよ。大丈夫?」と言われた。
自撮りしてみると、顔が死んでた・・・

DSCF2161.jpg DSCF2169.jpg DSCF2175.jpg

景色は最高やのに、化学物質の異臭にどこまでも襲われるなんて・・・

途中、野生のヤクがいた。
DSCF2195.jpg
ヤクがこっちを見てる・・・
ヤクの群れがいる先に滝があり、私たちは滝を見に行きたかったが、
jjちゃんが「襲われたら危険だから早く逃げよう」と言う。
私も犬に噛まれ、ヤクにも襲われたくはない。
頭が割れそうに痛く、今ヤクが襲ってきたらとっさに逃げられない。
私たちはヤクを刺激しないよう、そう~っと離れた。

DSCF2190.jpg DSCF2192.jpg DSCF2194.jpg

こんなに素晴らしい景色なのに…

私たちは、きれいな空気を求めてここまで来たのに、
さらに化学物質の異臭に苦しめられるとは・・・

jjちゃんも体調が悪くなった。
落ち着いてたニキビもまた出てきた。

中国ではどこまで行っても、化学物質の異臭に苦しめられる・・・

私たちは、また体調が悪くなり、宿に戻ることになってしまった・・・

宿まで下山すると異臭は無い。
二頭のヤギが迎えてくれた。
DSCF2218_20170510120841ce5.jpg


宿で夕食 
DSCF2224.jpg DSCF2225.jpg
・茄子と肉炒め
・中国式パン
・豆腐と野菜のスープ
・ごはん
全部で58元(881円)
二人で割るため、一人29元(440円)

めっちゃ満腹。

畢棚溝の景観は最高に美しかった。
ペンキの異臭さえなければ・・・

秋の畢棚溝はこのように赤く色づくみたい。
DSCF2217.jpg

私たちが行ったとき、たまたまペンキを塗っていて異臭が漂っていた。
運が悪かった・・・




四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/10 Day 7-4 《理県》


標高2000m以上にある山奥のホテルは最高だった。

DSCF2120.jpg


DSCF2115.jpg

暖房がきいて温かい部屋。

清潔な白いシーツに、ふかふかのベット。


この部屋にいるだけで至福。


おいしい夕食でお腹いっぱいになった私達。


温かい部屋でゆっくり過ごしていると、

今まで割れそうなどほ酷い頭痛が徐々にマシになってきた。

全身のだるさ、体の節々の痛みもだんだん和らいでいった。

jjちゃんも同じだった。


原因不明の体調不良は、やはり毎晩煙を焚いていた蚊取り線香か??


2人とも体調もだんだん良くなって、私達は会話が弾むようになり、jjちゃんがテレビをつけた。

中国のテレビは2年ぶりのjjちゃん。
「どれ見る?」と嬉しそう。
「私はわからんから、jjちゃんの好きなの見~」
「日本のテレビはチャンネルが少ないけど、中国は何でも見れるんだよ。
今はテレビとインターネットとつながってるから、どんな映画でもなんでも見れるよ。
日本の映画も見れるよ」

そういえば、冬に福建省の友達の家に泊まりに行ったとき、家では中国の時代劇がずっと流れていた。
日本の時代劇と違い、衣装が素晴らしくストーリーも興味深く若者にも大人気。
言葉がわからない私でもハマった。
CMがなくDVDかな?と思っていたが、
「テレビとインターネットが繋がってるから好きなドラマを選んでCMなしで全ストーリー見ることができる。
今の中国のテレビは数百チャンネル、いや、もっとあって日本のテレビの感覚とは違う」と教えてくれた。

福建省の友達の話を思い出していると、JJちゃんが
「あー! なつかしい~! 私このアニメ学生時代に見てた!」と懐かしそうに言った。
日本のアニメだった。
「カオリ、このアニメ知ってる?」
「いや~ 知らんなー アニメなんて見たことない~」
「あぁ~ 懐かしいなぁー 私このアニメハマったんだ~」

JJちゃんがハマったアニメに興味がわいた。

「これだと、日本語だからカオリも見れるでしょ?」

タイトルは、
『君に届け!』
http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/

主題歌も日本語。
声優も日本語。
字幕が中国語だった。

「私、日本のアニメやドラマを見て、日本語勉強してた。」

だからJJちゃんはすごくナチュラルな日本語を話すのかぁ~

音声は日本語だが、字幕が中国語だから、私も中国の勉強にもなる。
こりゃーいい!

アニメは、学園もの。
さえない女の子と学年で一番人気の男子の恋の物語。

最初、なんじゃこれーー
こんなわけないわーーー
ありえへんストーリ~~

突っ込みどころ満載!

一話が終わり、学園ものの胸キュンアニメに私は衝撃を受けた。
jjちゃんはこのアニメにハマったのか・・・

10代女子があこがれそうな、ありえへんストーリー。
私は真剣に見れなかった。
あまりにも胸キュンすぎて、見ていてこっちが恥ずかしくなってきた。

私はシャワーを浴びに行く。
しかし、声優の声が聞こえてくる。
なんだか、ストーリーに展開があったみたい。
あれれ??
私、気になってる???

シャワー後、ベットで横になりながら何気に見てしまっていた。

だんだん胸キュンが面白くなってきた。

3話を見終た頃には、次の展開がちょっと気になってきた。

しかし、もう夜も遅くなってきたし、翌日は標高4000m以上ある高原にトレッキングに行く為、寝ることにした。




四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/10 Day 7-3 《理県》


私たちは、理県のさらに山奥のホテルに到着し、部屋の心地よさに感激し、その日は一歩も外出しなかった。

2人とも体調が悪いため、設備が整った良いでゆっくりしようと話していた。


JJちゃんは、村人のインタビューをまとめないといけない。


私は犬に噛まれ、狂犬病のワクチン接種の為、予定より3日以降の帰国に変更しないといけない。

飛行機のキャンセルは、翌日済ました。


次は、新たに帰りのチケットを買いなおさないといけない。

その場合、海外旅行保険が適用されるのか?

いつ帰国するのかも決めないといけない。


汶川では体調が悪く、常にひどい頭痛で、何も考えられなかった。

まだまだ体調は悪いが、宿に着いてからどんどん回復していってるような気がする。

”頭が割れそうなほど酷い頭痛”も、”酷い頭痛”にまで回復してきたような気がする。

少しだが思考能力が回復してきた。


私は、宿に着いてすぐ飛行機を探す。

海外旅行保険会社にも電話をし、対応してもらえるのか尋ねた。

私の契約では医療費は出ても、変更になった帰りの飛行機代までは出ないと言われた…

ガッカリだったが、まぁそこまで高望みをしてはいけない。


帰国日をいつにしようか悩みに悩んだ。

ワクチンを打った日の夜、私は熱が出た。

しかし、その熱はワクチンのせいか、別の原因かわからない。

ワクチンを打った腕は翌日も痛い。


できればワクチンを打った日は安静にし、翌日か2日後に帰りたい。

でも家族は「最後のワクチンを打ったらすぐ帰ってこい!」と言うので、打ったその日の夜の便で帰国することにした。


ネットでいろいろ安い便を探す。

いいのが見つかった!と、ネット予約をする。

名前やパスポートナンバーなどいろいろ入力しないといけないことが多い。

やっと最後に、「購入!」のボタンを押した。

が、反応が無い・・・

そして画面が固まってしまった・・・


おかしいな・・・?

一からやり直そうとすると、「sold-out」になってしまった・・・

次に安い便は、まったく同じ便なのに、料金が2万円ほど高くなってる…

さっきのは限られた数だけ特別に安かったのか・・・

ガックリ・・・


また一から安い便を探す。

関西だと関空便だけなので迷うことがないが、関東在住だと羽田と成田便がある。

成田着だと少し安いが、成田からの交通費を考えると、少し割高でも羽田到着の方が安くなることがある。

そんなことも計算しながら探すため時間がかかってしまう。


次に安い便を見つけ、細かく入力する。

今度こそ!と「購入!」ボタンをクリック!!

が、またしても「sold-out」

もういったいどないなってるねん!

格安料金は客寄せか?


飛行機のチケット買うだけで、4時間以上かかってしまった・・・


夜、やっと帰りのチケットを買うことができた~~

飛行機のチケット予約(購入)を終えただけなのに、すごい達成感。



今は簡単に個人で飛行機が帰る時代になった。

ちょっと前まで考えれらないこと。

今までなら、旅行会社に行くか、航空会社のオフィスに行って飛行機のチケットを購入しないといけなかった。

海外の国では、営業時間も限られているし、知らない町で旅行会社を探し大変だった。

今では、自分のスマホやタブレットから簡単に購入できる。

楽になったもんや・・・


今の若い子は、スマホが無いと何もできないらしいが・・・





【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/10 Day 7-2 《理県》


汶川から隣の理県の中心地までは、約1時間半ほど。

(途中で客を下ろしたり、歩いている人に声をかけ乗せたりするからバスによって時間が違う)


汶川から理県までの道

DSCF2108.jpg


この辺りの地域は、どこも急斜面の山が道ギリギリまで迫っている。

土砂崩れもしょっちゅう。

私達が汶川滞在中、近くで大規模な土砂崩れがあった。

被害者は出なかったようだが、こればっかりは運まかせ。




2時半理県に到着。


私たちの目的地はさらに山奥。

私たちはまたバスを探し、山奥まで行くバスを探さないといけないが、そんな山奥誰も行かない・・・

本来なら、理県で乗せていいってくれそうな人に直接交渉して連れて行ってもらうしかない。


JJちゃんが汶川で乗ったバスの運転手に交渉してくれ、二人で100元で目的地の宿まで連れて行ってもらえることになった。

中国の山奥のバスは臨機応変!

100元は約1520円(2016年9月のレート)

一人 760円


3時にやっと目的地のホテルに到着!


DSCF2218.jpg

道路から少し奥に入ったところ。

途中、放し飼いのヤギが二頭いた。

野ヤギか??


ホテルはキューブ型

DSCF2120.jpg


DSCF2121.jpg


ホテルのすぐ横は川

DSCF2122.jpg


ホテルからの景色

DSCF2123.jpg


フロント

DSCF2112.jpg


フロント横にテーブル。

ここで食事ができる。

DSCF2111.jpg


私たちが泊まったツインの部屋。

DSCF2115.jpg


部屋からの景色も最高!


ベットがセミダブルで広々と眠れる。

(中国では、シングルは日本で言うセミダブルベットになる)

DSCF2117.jpg


シャワー&トイレも広い!

DSCF2119.jpg

バスタオル、ドライヤーまで付いてる~

DSCF2114.jpg


これで1泊100元!

一部屋100元(1520円)だから、一人50元!(760円)


感激~~~♪♪♪


今まで体調悪かったが、テンションが上がり元気になってきた!


   


このホテルは、汶川で同じ宿に泊まっていた男性が泊まってすごくよかったと教えてくれたホテル。


男性が泊まった部屋は角部屋のダブルベット。

その部屋も見せてもらった。

DSCF2116.jpg

私たちはこの部屋の写真を見て、泊まりたいーー!と話していた。

JJちゃんは、宿の電話番号を控えていた。

前日、この宿の泊まることに決め、予約を入ておいた。


(その時「日本人が1人いますが大丈夫ですか?」と聞いていた。

JJちゃんはいつも日本人が1人いますか大丈夫ですか?と確認をとっている。

悲しいことだけど、日本人を嫌い拒否するオーナーもいるらしい)


オーナーは女性ですごく感じのいい人だった。


『玉京苑主題酒店』 

ツインルーム、ダブルルーム 一部屋1泊 100元


周囲に飲食店はありません。


夕食、朝食、昼食、頼めば作ってくれます。

メニューあり。


1泊目の私達の夕食

DSCF2126.jpg


これ全てで60元(912円)

一人30元!(456円)

これ、写真で見るより実際はすごい量。

4人前ぐらい。

すごい量だが、料理がおいしくて、全部食べた。






【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/10 Day 7-1 《汶川》


相変わらず夜中、何度もトイレに起きる。

夢を見た。

日本に帰って休んでいた。

旅中、体調を壊し熱が出て寝込むとき、いつも日本に帰って体を休めている夢を見る。


今回、JJちゃんがいてくれるから安心していが、犬に襲われたショックと噛まれてしまった精神的ダメージはかなり大きい。
それに
謎の体調不良がどんどん悪化しているのが心配。

朝9時にとりあえず目を開けるが、相変わらず体が重い。
でも、昨晩は蚊取り線香を置かなかったせいか、前日よりマシになっていた。
JJちゃんも「体は相変わらずしんどいけど、少しマシ」

この宿に泊まって5日間。
毎朝、肩が重く首がだるい。
頭が重い。
日に日にひどくなり3日目の朝には酷い頭痛と全身鉛のように重かった。

今日は宿を出て違う町に移動する。
2人とも体調が悪く、ゆっくりしか体を動かせず、荷物をまとめるのに2時間もかかてしまった。

11時過ぎ宿を出る。
宿のオーナーと一緒に3人で朝食を食べに行くことにした。
いつも親切にしてくれ、2日目からずっと割引価格で泊まらせてくれていた。
お礼に食事をごちそうしようとJJちゃんと言っていた。

私たちが体調悪いと言うと、体にいい店があると羊の内臓のスープの店に連れて行ってくれた。

DSCF2099.jpg
(宿のオーナーのお兄ちゃん)

私たちは羊の内臓のスープ
DSCF2101.jpg

丸いパンも
DSCF2102.jpg
丸いパンはフォカッチャみたいでふわふわでおいしかった。
もちろん、スープもおいしかった。
全部きれいに飲み干した。


宿のオーナーは米粉の麺
DSCF2103.jpg

私たちは、体調は悪いが食欲はある。
少し食べると、胃が刺激されもっと食べたくなってきた。

汶川は豆腐がおいしいので、湯豆腐(豆花)を食べに次の店に行く。
ここは湯豆腐専門店。
店の前には作り立ての湯豆腐が。
DSCF2105.jpg

この店は、いつもの店とはまた違う豆腐だという。
DSCF2106.jpg
この店は、木綿豆腐の店だった。
温かくておいしい。
「中国人の朝ごはんは揚げパンを食べる。カオリも食べて」とjjちゃんが頼んでくれた。
しかし私は、揚げパンのおいしさをまだわからない…
jjちゃんは揚げパンをほおばりながら
「あぁ~ おいしい~ 朝はやっぱりこれだわー」と味わっていた。

汶川のバスは、バス停がない。
目印もない。
「なんとなく、あの辺りから出発している」
という感じ。
外部の人間にはとてもわかりにくい。
もちろん時刻表もない。
中国語が話せ(中国人だからあたりまえ)人に尋ねることができるJJちゃんでさえ分かりにくいらしく、次に行く町のバス乗り場まで宿のオーナーが連れて行ってくれた。

DSCF2104.jpg

やっとバスを見つけ12時半にバスに乗ることができた。
バスは普通の軽ワゴン車。

行き先も何も表示が無い。

だから外部の人間では見つけにくいのだろう。


宿のオーナーとお別れをし、さあ出発!と思っていたが、

バスは汶川の町をグルグル回る。

どうやら客を探しているみたい。

30分以上汶川の町を回り続け、満席になってやっと出発した。


次の目的地は理県!


プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日記タイトル一覧
  • 2016.9 四川省&貴州省
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2017年05月09日 (火)
畢棚溝
2017年05月08日 (月)
胸キュンアニメ
2017年05月02日 (火)
帰国便の予約は一苦労
2017年05月01日 (月)
山奥のホテルで休息
2017年04月28日 (金)
汶川最後の朝
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。