【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-3 《夢ト村》


夢ト村で、前日インタビューをしていた老人たちを探していたが、見つからなかった。

村には人がいない。


やっといた人たち。

DSCF1822.jpg


DSCF1823.jpg


DSCF1824.jpg


チャン族の刺繍は、毛糸で縫い色がはっきりしている。



さらに村を散策していると、家の前で老人たち男女5人ほどがいた。

DSCF1835.jpg 


JJちゃんが声をかけ、インタビューを開始すると、体調が悪そうな私に座れと椅子を貸してくれた。


私は絶不調・・・

JJちゃんのインタビュー中、私は頭が割れそうに痛く、全身もだるく、睡魔も酷く、しんどくて目を閉じていた。


老人たちが、私の顔色が悪い、唇が紫だけど、この人は大丈夫なのか?と心配してくれてたらしい。


JJちゃんのインタビューが終わり、私の疑問を質問した。


この家の前に、葡萄が実っていた。


DSCF1836.jpg


私;「この葡萄はいつ植えたのですか?」

村人;「8年前に植えた。 地震後この村に来てから植えた。

    今はやっと収穫できるようになった。」


新・夢ト村は、地震で民家がほぼ全滅し、村がそのまま上に移転した。


新・夢ト村の標高は、2000m

旧・夢ト村の標高は、1950m


村人は全員新しい村に移転したわけではなく、今も8世帯が旧村に住んでいるという。


インタビューしていた老人の一人が今も旧村に住んでいるという。

その老人は住み慣れた家の方がいいらしい。


移転した人に今の家はどうか聞くと、「新しい家もいい」と言っていた。


この村は、旧村のすぐ上に新しい村が造られたため、畑もそのまま使われている。

その為、村人は今も自由に旧村へ行き来している。


崩壊した村は、そのまま保管され、野外博物館になっている。





【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-3 《汶川》


朝昼兼用の食事(湯豆腐)を食べ終わったのは3時頃だった。

もう夕方前だし、体調も悪いから宿に帰ってもよかったが、

いろんな事情があって昨日の続きで同じ村に行くことにした。


前日は私が犬に噛まれてしまうハプニングがあり、まともにインタビューできなかった。

スケジュールが押している。


3時過ぎからチャーターしてる車で2000mまで登り「村夢ト村」に行った。

DSCF1818.jpg


赤い看板の手前の道を上がっていく。


JJちゃんは、昨日インタビューしていた人たちにもっと詳しく聞きたいらしい。

村に到着し車を降り、昨日インタビューをしていた人たちを探しに、村の一番上の道まで歩いて行く。

足の傷は疼き、相変わらず頭が割れそうに痛く、首、肩が重く痛い。
昨日より体調が悪い・・・

思い出すだけでも恐ろしい自分の事件現場へと近くなってきた。
昨日の犬がいないか気になる。
いたら今日は逃げないと!

キョロキョロしながら村を歩き、事故現場近くまでの行ったとき、
家の敷地内にいたーーー!!!

DSCF1831.jpg

昨日もこのように寝ていた!
(近づくと危険なので、この写真は望遠MAXで撮ってます)

狂犬病ウィルスを持っている犬って、昼はおとなしく寝ているが
夜になると狂暴になるとか。

この犬は、狂犬病ウィルスを持っているんだろうか?

たぶん大丈夫と思うねんけどなー?

もし、この犬が狂犬病ウィルス保持してたら、今は生きていない。
狂犬病ウィルスを持ってれば、2週間以内に死ぬ。

その後の犬の様子を聞きたくて、

村人にあの犬の飼い主を聞いたけど、みんな「知らない」という返事だった。


あの犬はやっぱ野良犬か???



【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-2 《汶川》


海外旅行保険会社に問合せると、私が加入している保険は治療費は出る。

病院までの交通費も出る。

(それは知っていた)


一番知りたかったのは、ワクチン接種の為に滞在が伸び、予定帰国日に帰国できなくなったため飛行機を新たに購入しないといけなくなった。

その分を保険で補ってもらえるのかが知りたかった。


結論。


私の加入している保険(保険会社)では「出ない」と言われた・・・


中国は医療費が安いから、治療費はそんなに負担にならない。


帰りの飛行機を新たに購入しなくならなくなったのは痛い・・・


私が購入していた飛行機は安かったため変更不可。

キャンセルも不可だろうな・・・


新たに飛行機を予約しないと。。。


乗れない飛行機代、新たに乗る飛行機代。

Wの出費になってしまう・・・


帰りの飛行機安く買えたと喜んでたけど、安いチケットだからどうにもできない・・・

安いチケットというのは、こういう事なのか・・・


体調も悪く、傷も疼き、飛行機代の出費もかさみ、ため息しか出ない・・・


隣のベットでJJちゃんも、内定先の企業への返事で頭を抱えていた。





昼の2時過ぎお互いやることがひと段落し、ご飯を食べに行くことにした。


JJちゃんは下痢が続き、私も体調が悪い為、宿のオーナーに教えてもらった湯豆腐を食べに行った。


汶川の豆腐は全部手作りで新鮮で有名らしい。

(中国って豆腐がおいしいと思う)

DSCF1814.jpg


この豆腐、店のおっちゃんが毎朝作ってるらしい。

本当にめちゃくちゃおいしかった。

タレなどつけずそのまま食べるほうが豆腐の風味が味わえてすごくおいしかった。

口にすると、すごくなめらかで、今までに食べたことがないくらい豆腐の風味が広がり、ふわふわ~と豆腐が溶けていく。

私が今まで食べた豆腐の中で、ダントツにこの豆腐はおいしかった。


回鍋肉を頼んだが、すごく油っぽく、これはウッときた・・・

チャン族の豚肉料理は、すごく油っぽい・・・


この豆腐を食べさせてくれるお店は、私たちの宿がある高層マンションの側面にある1階の店舗。

DSCF1761.jpg


この高層マンションの、手前側面にある店舗。

この日は、体調が悪く店の写真を撮るのを忘れてしまった・・・

名前もわからない・・・



【四川省・貴州省の旅】2016.9/4-29 26日間

9/8 Day-5-1 《汶川》


犬に噛まれ、病院で処置を終え、宿に戻ると熱があった。

噛まれた傷が疼き、ワクチンを打った両腕が痛くだるく、頭も割れそうに痛い。


頭痛は朝からだし、体調が悪く熱が出てきたのも、犬に噛まれた事とは関係ないと思う。

しかし、免疫力が低下してしまっていることが心配。

先生から「これからは免疫力を下げないように注意しなさい」と言われたのに・・・



すごく眠いため夜は早くに寝た。

しかし、2時間おきに尿意がありトイレに行く。

水分を多くとったわけでもない。

それなのに2時間おきに膀胱がパンパンになりトイレに行く。

めっちゃ眠く、全身が痛くだるく、熱でふらふらになりながら2時間おきにトイレへ行く。

このままだと脱水症になるのでは?と心配した。


翌朝9時半まで8回もトイレで起きた・・・


夜はずっとうなされていた。

全身に何か悪い菌が増殖していってるようだった。

異常なほど出る尿も、体内の悪い物を排出しているように思えた。


日本に帰った夢を見た・・・

海外で体調がすごく悪くなったり、精神的に参ってしまった時、いつも日本に帰る夢を見る。

今回もそれほど体調が悪く精神的にもダメージが大きく参っていたんだろう・・・


12時間寝た。

9時半にトイレに行き、そのまま起きるが、まだ体調が悪い。

本当はもっと眠っていたかったが、今日はやることがいっぱいある。


JJちゃんも目を覚ましたが、ベットから起きようとしない。


彼女も体調が悪いみたい。


私は、相変わらず頭が痛く、両腕も痛く、傷も痛く、体がものすごくだるい。

今日は首と肩も痛い・・・

熱は37度台まで下がったが、体のすべてが痛くて全身だるい・・・


JJちゃんも、頭が重く首と肩も痛いと言う。


2人で原因を考え「枕が低いからかなー?」という結論になった。


彼女の表情もつらそう。


それにニキビがすごく出ていた。


私;「ニキビひどくない? JJちゃんもどこか悪いんかなー?」


JJ「実は、私も昨日から体調があまりよくない。

昨日の夜からニキビが出てきた。

今朝はもっとひどくなっている・・・

なんで・・・?」


私;「2人とも体調悪いって変じゃない??」


JJ「料理の油がよくないかな・・・?」


私;「油が原因なら胃がムカムカしたり吐き気があったりするんちゃう? 

でも胃は何もないし、吐き気もないよ」


JJ;「私は昨日の夜から下痢になった。

夜にもお腹が痛くなってトイレに行った。

今朝も下痢。

私、下痢などなったことがないのに・・・」


私たちは謎の体調不良に悩やんだ。



私は、朝から海外旅行保険会社に電話をしたり、予定していた日に帰国できなくなったため、飛行機をキャンセルしないといけない。


犬に噛まれた医療費は海外旅行保険で補えると分かっていたが、飛行機のキャンセル料や、新たに買いなおす飛行機代も保険で補ってもらえるのか確認したかった。

実際、飛行機代が一番大きく負担になるから・・・



JJちゃんも昨日の夜、内定先の企業から連絡があり、今日はその返事をしないといけなくなった。

2人とも体調悪いが、朝からやることがたくさんあった。


私はいろんな確認や変更がたくさんあり、お互い落ち着いたのは昼の2時回っていた・・・







中国四川省の山奥で野良犬に噛まれ、狂犬病のワクチンを打った。

中国では年間2000~3000人が狂犬病で死んでいる。

あまり知られていないが、

狂犬病は発症してしまうと100%死ぬ。

致死率100%!

今の医学でも治療できない。

発症して2~7日後には死ぬ。

世界で恐れられている、あのエボラ出血熱でさえ致死率が80%ぐらい。
狂犬病はエボラ出血熱より危険!


狂犬病の事は知っていたが、処置について詳しく知らなかった。
今回いい勉強になったので、まとめます。

●犬に噛まれたら
狂犬病は猫もウィルスを持っている。猫に引っかかれても狂犬病の恐れがある。
① すぐ傷口を石鹸と流水でよく洗う。
② すぐ病院に行く。

●中国で犬に噛まれたら
① 伝染病専門病院に行く。
中国語だと「疾病預防控制中心」と書かれている病院へ行く。
普通の病院に行ってもワクチンは無い。

中国は昼休みが長く12時~3時のところもある。 
病院に駆け付けたが閉まっている場合は、昼休み後に行きましょう。

② 傷の手当は一般の病院に行く。
噛まれたり、猫に引っかかれたりした場合、傷口の手当が必要。
破傷風の恐れもあるため、ちゃんと治療してもらいましょう。

中国の狂犬病ワクチンについて
・狂犬病のワクチンは国によって違う。
・一度の注射で終わりではない。
狂犬病治療の大変なことは、数週間、数週間、数年間かけてワクチンを打たないといけない。
・最短コースで4回コース。 すべて打ち終えるのは4週間後。
・5回コース
・6回コース
※私は4回コースを打ったため5回、6回コースのスケジュールは分かりませんが、最終接種は3か月~6か月後になるとか。

4回コースでも普通なら、噛まれた日、3日後、7日後、22日後に打つ。
しかし、私のような旅行者には噛まれた日に3日後の分を同時(両腕)に打つことができるワクチンがある。

同じ4回コースでもワクチンが、いろいろと違うみたいで3回目、4回目に打つ際、病院でしっかり伝えないといけない。

私が打ったワクチンの4回コースは、
噛まれた日(7日)両腕に2本
一週間後(14日)、4週間後(28日) 合計4回打った。

●ワクチンの注意点
中国の先生が言うには、
・ワクチンはメーカーによって成分が異なるため、一度打ったワクチンを最後まで打ち続けること。
・違うワクチンを打っては絶対ダメ!
・決められた日に必ず打つこと。前日や翌日に打ってはいけない。

●私が打ったワクチン
IMG_7037.jpg

 IMG_7038.jpg

IMG_7162.jpg

もらったのはこれだけ。
私は中国語ができない為、7日後の3回目の接種、4週間後の4回目接種の際にこの箱を見せればいいと言われた。

今はJJちゃんがいるから、説明や手続きをしてくれたが一週間後には別れる。
3回、4回は私1人で病院に行き、ワクチンを打ってもらわないといけない…

JJちゃんも心配し、ボールペンで手書きしてるのは、JJちゃんが書いてくれた。
これを見せれば、中国語が話せなくても先生には伝わるだろうと…

ワクチンの箱は、私にとってパスポートと同じくらい大切な物になった。

●よく言われたこと
「中国で野良犬に噛まれてケガをし、狂犬病のワクチンを打たなくてはいけい。
帰国日が遅れる」
と、家族や友人に伝えた。
みんなに言われたことは、
「すぐ日本に帰ってきた方が良い!医療設備が整っている日本で治療した方が良い!」

それは無理・・・

狂犬病ワクチンは、噛まれてから20時間以内にワクチンを接種しないといけない。
一度打ったワクチンは、最短4回コースで4週間かけて”必ず”打たなければならない。

それに、
日本では狂犬病の発症、死亡は50年以上ない。
日本では狂犬病はほぼ絶滅したと思われている。
その為、ワクチンを打てる(保有してる)病院が限られている。
県によっては一か所の医療機関しか対応できない。
北海道でさえ札幌で2か所だけ。
山梨県、石川県、熊本県、秋田県など、その他4県は一か所だけ。
四国では徳島県1ヶ所のみ。
ワクチンが打てる医療機関がない県もある!
ワクチンを打てる病院はあっても、狂犬病のワクチンは特殊なため常備されておらず、ワクチンを取り寄せないといけない所もある。
日本では、先生も狂犬病をあまり詳しく知らない。
勉強してても、日本では狂犬病の患者が50年以上いない為、実際に治療した先生はいない。
日本で狂犬病のワクチンを打とうとする方がリスクが高い。

海外旅行先で犬に噛まれて不安もあるが、狂犬病が多く狂犬病の対応に慣れているその国で治療したほうがいい。

どうしても帰国したければ、ワクチンを打って日本に戻り、次のワクチン接種日に、またワクチンを打ちにその国に行く方法もある。
ただし、私の場合は、狂犬病ワクチンを打った後3日間ほど体調があまりよくなかった。


● 予防接種について
日本で狂犬病の予防接種を打っていく人もいる。

私が中国旅行中にアップしていたブログを見たタイに住む友人から連絡があった。
「タイも狂犬病が多く、駐在員は日本で狂犬病のワクチンを打って来るけど、実際はすぐワクチンを打たないといけないし、あんあまり意味がないんだよね…」と言っていた。

しかし、予防接種を打って行って噛まれた場合、当日と3日後に2回ワクチンを打つ。

打つ回数が減るため、ワクチン打つために最短でも22日間滞在しないといけないということは免れる。

狂犬病がある国ってけっこうある。
私のように思いもよらず犬に噛まれることはあるが、海外行くたびに狂犬病ワクチンを打っていく必要はないと思う。

犬には近寄らないことが一番!


●中国で狂犬病ワクチン接種で気を付けること
中国では狂犬病が多い為、少数民族が暮らす山奥でも狂犬病ワクチンがあった。
しかし、省によっては5回コースのワクチンがメインで、4回コースのワクチンがない場合もある。
実際、私は貴州省の山奥で4回目のワクチン接種打てず大変だった…
最初にワクチンを打った省だと同じワクチンはあるが、他の省だと無い(少ない)可能性がある。

どの疾病予防病院に行っても狂犬病のワクチン在庫があるとは限らない。
前日にワクチンがあるか確認しても、どの病院でも
「今はある。しかし当日別の患者が来てワクチンが在庫切れになる可能性もある」
接種日の当日の朝、電話で確認した。
「今はある。しかし、あなたが来るまでの間、他の患者が来たらワクチンはなくなる」
「お金を多めに払うから取り置きしといて!」
「それはできない」
…と言われた。

私はワクチン接種日前になると不安と心配で眠れなかった。


プロフィール

かおり

Author:かおり
大阪出身
旅が大好きで、気がつけば40数カ国旅をしています。そして念願だった旅行記を2006年出版。
多くの人に一人旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日記タイトル一覧
  • 2016.9 四川省&貴州省
2017年03月15日 (水)
新・夢ト村
2017年03月14日 (火)
私を襲った犬だ!!
2017年03月10日 (金)
汶川のおいしい湯豆腐
2017年03月09日 (木)
2人とも体調不良に・・・
2017年03月08日 (水)
中国で犬に噛まれたら 
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる