上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム・ハノイ経由で先日帰国しました~
イギリス旅行中は毎日超多忙で、ネットを見る余裕がなかったです…

今回は、熱が出ることなく、体調崩すことなく、元気で無事に帰ってきました~
帰国後、時差ボケなのか、15時間ぶっ続けに寝たり、翌日は3時間しか眠れなかったり、翌日には10時間寝ても寝たりなかったりと、めちゃくちゃです・・・
これが時差ボケってやつですか??

今回の旅は怖いほど順調で、交通事故も交通違反もなく、近年稀にみる超順調で楽しい旅だったんですが、
帰国寸前、トラブルが発生してねー

帰国前日は、一睡もできませんでした。


一緒に旅してた大阪から出発した中国人の友達の帰国便が飛行機の故障で出発しなくなってねー
友達は、マレーシア航空。
8/26の21:20 ヒースロー空港出発。
私は、その翌日の8/27朝11:10ヒースロー空港発。

ロンドンのホテルは高いので、私も友達と一緒に8/26の夕方にヒースロー空港に行き、
友達を見送って空港で眠ることにした。

旅の後半、車の運転を3日間続け、疲れ果てていた。
最終日の26日は、朝からロンドン観光で歩き、空港に着いた時にはもうフラフラで極度な睡眠に襲われていた。

8時頃友達を見送り、眠るにはまだ早いし、空港内のベンチは木で眠るには痛そうだった。
空港内のトイレで身支度をすませ、深夜までカフェにいた。

ヒースロー空港ターミナル4は、出発最終便が22時半頃で終わる。
24時間空港だが客がいなくなり、カフェには私だけになった。
24時を過ぎると、清掃員がたくさん。
人が少ないし、夜のロンドンは少し寒い。
大理石の床の空港内は、寒くなってきた。
そろそろ寝場を確保し、仮眠でもしようかなー?
でも、寒いなー
ダウンジャケットを出してきて膝にかけていたりしていた。

友達は今どこを飛行してるかなー?なんて思っていた深夜1:45分
「かおり~ 私まだ飛んでない~
まだヒースロー空港にいる~
今、飛行機から降ろされて、今からどこかに行くみたい…」
と連絡が入った!

「今どこ!?」

「わからないけど、ゲートから出るみたい。
わからないからみんなに付いて行ってる~」

「わかった! 
今すぐ到着ゲートに向かう!
今からたぶんホテルに案内されるよ。
私も一緒に泊めて~~~」

電話を切った後、私はすぐ荷物をまとめて猛ダッシュして到着ロビーに向かった。



などなど、今回いろんなハプニングもありながら、楽しく大満足なイギリス旅行でした~

ブログ内でのヨーロッパ旅行が全然始まってないけど、
イギリス旅行からアップして行こうかなー?

お楽しみに~~



羽田空港を出発して、今ハノイの空港です。

羽田空港⇨ハノイ空港  って4時間半!

こんなに近かったっけ??

ハノイの空港は新しくなったような気がする。

ハノイでは、5時間のトランジット

昔なら少しでも町に出ようとしてたでしょうが、
最近は体力温存。

バタバタの出発だったので眠い〜〜


次はロンドン!

ハノイからロンドンって何時間かな…??
長そう〜〜

ロンドンもトランジット。

目的地まで何時間かかるのかなー?

今、羽田国際空港です。

今から出発します。

出発前日の昨日、国際運転免許証を無事に取得!!

7年ぶり海外での運転…

日本で全然運転してないから、少々不安…

海外ではマニュアル車。

大丈夫かなぁ…




【ヨーロッパの旅(ベルギー、ドイツ、ブルガリア、イタリア)】
2017.5/20-6/13 25日間
5/22 Day 2-3《ベルギー・ブリュッセル》

路線バスは、乗車のときに運転手横のオレンジ色のBOXの◯にチケットのバーコード部分をかざす。
DSCF4998.jpg

バスチケット
img018_20170816135038dae.jpg
このバーコード部分を〇部分にあてる。

私は6つ目のバス停で下車しないといけない。
うっかり数え忘れては危険なので、運転手に下車するバス停を伝え、教えてもらうようにお願いした。

空港から出ると、のどかな景色が広がっていた。
ブリュッセルがけっこう田舎で驚いた。(私の個人の感想です)

空港から6つ目「Shuman」で降りた。
降りた真ん前に、機関銃を持った武装隊が3人もいた!
サングラスをしているが、鋭いまなざしでバスから降りてくる人をチェックしているようだった。
バス停以外にも、周辺には2人一組になった武装隊がウロウロしている。
な、な、なんじゃこれは!
なんかわからないが、物々しい。

彼らがいる後ろには、何か見覚えのある建物があった。
あ!
テレビで見たことがあるEU本部や!!

私はEU本部前のバス停で降りたみたい。
同じバス停で、私は乗り換えしないといけない。
次のバスが来るまで、私の背後には機関銃を持った武装隊がいる。
ヨーロッパ降り立ってすぐ、めちゃめちゃ緊張感。

次に乗るバスが来た。
ドライバーは若い女性だった。

友達と待ち合わせしていたバス停に到着し、無事に友達と会う事ができた。



【ヨーロッパの旅(ベルギー、ドイツ、ブルガリア、イタリア)】
2017.5/20-6/13 25日間
5/22 Day 2-2《ベルギー・ブリュッセル》

日本から21時間かけ、ベルギーのブリュッセルの空港に到着した。
ブリュッセルはEU本部があり、テロの標的にされることもしばしば。

きっと立派な空港だろうと降り立ったが、ビックリするほどショボく小さい空港だった。
入国手続きは長蛇の列。
先を見ると窓口が2か所しか開けていなかった。
ユーロ圏の人と、ユーロ圏以外の人と窓口の2つだけ。

こんなに長蛇の列なのに、なぜ係員を増やし他の窓口も開けないのか!?
そう思うのは日本人的感覚なのか?

どの国でも自国の窓口、それ以外の国の人の窓口が分かれているが、ここでは国ではなく、ユーロ圏だったことに、新鮮な驚きがった。

私の後ろに40代の日本人夫婦が並んでいた。
私が話しかけると驚いていた。(私が日本人とは思わなかったらしい)
私と同じカタール航空で来たのかな?と思ったが、日本からの直行便だった。

2人はベルギーだけで8日間の旅。
「ヨーロッパ来る人は他の国も行く人が多いけど、僕たちは1回の旅行で1カ国と決めているんです。その方がその国をゆっくり見れるから。」
ごもっとも!

個人旅行っぽかったので、空港から市内行をどうするのか質問した。
2人は旅行会社で航空券、ホテル、空港からホテルまでの送迎付きで予約していた。
なので、出たらお迎えが来ているらしい。

私は空港から市内行のバスにうまく乗れるか心配していた。
ブリュッセルに住む友達が、空港から市内行のバスのチケット購入が難しいく、私が分かるかすごく心配していた。

事前に送ってくれていたメール
『税関を出たら左手のエスカレーター/エレベーターで1つ下、0階のバス停。
プラットホームCから12か21番のバスに乗ってください。
チケットマシーンはバス停の目の前にあるオレンジの機械。
Airportチケット買って。(4.5ユーロ)
難しいと思うから周囲の人に助けてもらってください。
もし、機械で買えなかったら、バスの運転手から購入してください。
その場合は6ユーロです。』

機械で買えば、4.5ユーロ。
運転手から買えば6ユーロ。

機械で買う場合はコインのみ。
紙幣は使えない。
その為、事前にユーロを持っている友達に両替してもらっていた。

ここまで丁寧に教えてもらっているし大丈夫だと思うけど・・・と私は思っていたが、友達が何度も「ややこしい」と言うくらいなら、よほど難しいのかな・・・と心配だった。

ドーハの空港で、友達に最後の連絡を入れたら、バスチケットの購入方法の補足が届いていた。
『くるくる回すボタン。
Airport24hみたいなボタンを選択して、OKボタンを押せば4.5ユーロ出る。
コインを入れる』

クルクル回すボタン!?
ん~~~??
あまりイメージができない・・・
補足文を読んで、さらに不安になった。
ややこしそうな自動券売機で買えるか心配だった。

日本人夫婦に聞いても、バスのチケットの買い方はわからないと言われた。
その時、ふと、思った!
迎えに来る人はきっとブリュッセルに住んでいる人だろう。
だとしたら、路線バスのチケットの購入方法を知ってるはず!

「もしお急ぎではなければ、迎えの人に路線バスのチケット売り場まで連れて行ってもらえませんか?」

「いいですよ!」

快く引き受けてくれた。

ありがたい。
旅に出ると人のやさしさに触れることが多い。
そのたびに、私も困った人がいたらこの人たちのように快く助けてあげようと思う。

長蛇の入国手続きを終え、荷物も取り一緒に出ると、大柄のベルギー人男性が迎えに来てくれていた。
日本語はできない。
旦那さんが、彼に私の事情を大まかに伝えてくれると、男性は
「私も一緒に市内まで車に乗ればいい」と言っている。

いくらなんでもそれは遠慮しなくては・・・

私が必死に拒み「バス停まででいいです」とお願いした。
本当は、バスのチケットを買うのを手伝ってほしかった。

彼が車を停めている駐車場に行くまでの道中、エスカレーター降りた正面に市内行のバス停があった。
私が乗る12番のバスが停車していた!

「このバスに乗るといい。
じゃ、僕たちはこっちだから」と言って、去って行ってしまった。

夫婦も「すぐ見つかってよかったですね! では良い旅を!」
と言って、お迎えのドライバーと行ってしまった・・・

ありゃりゃ・・・行っちゃった・・・
12番のバスがすぐ見つかり安心したが、私が心配してたのはチケット購入方法なのに・・・

気を取り直し、オレンジ色のボックスの自販機の前に立った。
これが問題の自販機か・・・
あまりモタモタしてると、12番のバスが出発しそう。

確かにパッと見ると、今までみたことがない券売機だ。
ガチャガチャのような歪な大きなハンドルが付いている。
謎のガチャガチャボタンを回し、Airportバスに合わせOKボタンを押す。
見慣れないユーロコインを確認しながら4.5ユーロを入れようとするが、入らない!
なぜ???
ちょうど隣にチケットを買い終えた人がいたため、助けを求めた。
OKボタンを押してから、少し時間が経っていたため時間切れになってしまったらしい。
コイン入れるのに1分もかかってないのに・・・
もう一度やり直し、すぐにコインを入れると、ちゃんと入った。

●教訓!
ブリュッセルの空港の路線バスのチケットは、OKボタンを押したらすぐにコインを入れること!

ま、このような昔風のガチャガチャ券売機はそのうち無くなるでしょう。

無事に購入できたAirportバスチケット
img018_20170816135038dae.jpg






プロフィール

かおり

Author:かおり
旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。2006年念願だった旅行記を出版。
多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。
2008年に第2弾となる「中国編」を出版。

最寄の書店での注文、もしくは上の“おすすめ商品!”の「やっぱり旅はやめられない」をクリックしてみてね!

プロフィール写真は、私本人ですが実物はまるで違います…あしからず。

あなたは何人目かな?
現在訪問者数
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー(Ajax)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日記タイトル一覧
  • 表示中の記事
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2017年08月18日 (金)
今、ベトナム・ハノイ
2017年08月17日 (木)
今から出発!
2017年08月16日 (水)
ブリュッセル空港
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。